住宅内装.ドットコム

住宅内装の種類、プランニングからサッシ、タイル、ガーデンプラン、窓選びのポイントも紹介しています。
MENU

住宅の内装決定

インテリアコーディネーターの仕事として一番多いのが住宅の内装決定です。戸建住宅を建てる際やマンション購入後の内装の仕様について、変更可能な間取の変更是非、浴室・洗面等の設備の色やサイズなど、照明器具の位置やスイッチの位置、床材や壁材の色・素材、キッチンパネルの色・素材、造作家具の必要性の確認と必要な場合の設計、ウィンドウトリートメントの選定、置き家具の選定など、インテリアについて一通りの決定をします。

 

内容によってはインテリアコーディネーターだけで決定ができないところも出てくるので、設計の担当者や営業担当者と連携を取りつつ、予算面も配慮しながらインテリアコーディネートとしての完成度も検討します。住宅の設計に関わるため、インテリアコーディネーター資格に加えて建築士資格等を取って活躍しているインテリアコーディネーターも多いのです。

 

aaa

aaaの特徴

aaa

価格 6000円
評価 評価5
備考
aaaの総評

aaa

 

 

 

 

リフォームのプランニング

住宅のリフォームのプランニングもインテリアコーディネーターが大きく関わる重要な分野です。リフォームと一口に言っても、本格的な増改築が関わるものから、水周りの設備の交換、壁材・床材の変更で内装のデザインを変えるもの、収納を充実させるための間取変更や造作家具の増設などなど、その範囲は多岐に渡ります。特に内装のデザインを改善するためのリフォームのプランニングはインテリアコーディネーターとしてのインテリアコーディネートセンスが問われる仕事です。

 

また、工事をせずに置き家具やウィンドウトリートメントの刷新等で「模様替え」的に済ませてしまえるケースも多いので、お客様の要望を良く効き、幅広い選択肢の中からお客様の要望と予算面等を考慮したインテリアプランを提案できるのでインテリアコーディネーターの力量が存分に発揮される分野とも言えます。リフォームも住宅の躯体に関わる部分が多いため、インテリアコーディネーター資格に加えて建築士資格等を取って活躍しているインテリアコーディネーターも多いのが現状です。

更新履歴

スポンサーリンク

このページの先頭へ