住宅内装.ドットコム

住宅内装の種類、プランニングからサッシ、タイル、ガーデンプラン、窓選びのポイントも紹介しています。
MENU

主なサッシの素材の種類と特徴

外観デザインをも左右する窓。性能、機能、デザインを考慮して選びたい

窓は、サッシとガラスで構成されています。サッシは、窓の上枠・下枠・たて枠で構成された窓枠の中の框(かまち)と組子のことですが、普通は窓枠全体を指していることが多いので、一般的な窓選びは、サッシとガラスを選ぶ、ということになります。

 

まず、サッシの主な素材の特徴をみていきましょう。

■アルミ

強度もあり、耐候性や防火性に優れた素材。軽量なので、開けたり閉めたりする時に、操作がしやすいのが特徴といえます。しかし、熱伝導率が高いので、断熱性にやや劣るのが短所。腐食しにくく、サビにも強い素材ですが長期間埃などが付着していると腐食することも。

■樹脂

主な材料は、塩化ビニール樹脂。。熱伝導率が低く、断熱性に優れる材質。このため、寒冷地(北海道や東北地方など)での使用が多いのが特徴でしょう。アルミよりも強度が弱いので、厚みのある構造に。価格はアルミより高めになります。

■木

質感や風合いが魅力の木製サッシですが、腐食や磨耗などの耐久性にやや劣るのは否めません。反りや狂いが出ることがデメリットでしたが、木材を充分に乾燥させたり、特殊な構造で気密性などを高めた製品もでてきています。

■複合サッシ

最近、種類も増えてきたのが異なる素材を組み合わせたサッシ。室外側にアルミ、室内側に樹脂や木を組み合わせるなどしたもの。それぞれの素材の特徴を活かした製品がでています。

 

サッシのデザイン・形状は多種多様

さまざまなデザインの商品も豊富に。スリムなデザインのサッシも注目 
サッシのデザインや形状にはさまざまなタイプがあります。引き違い窓や上げ下げ窓、内倒し窓やすべり出し窓。出窓やルーバー窓、トップライトなど数多く製品が出ているので、間取りや好みに合わせて自由に選ぶことができるでしょう。

 

最近では、開口部の大きい窓や丸型や正方形、細めの長方形などのいくつか並べ外観デザインのポイントとなるような窓も増えているようです。FIX窓とすべり出し窓などをいくつか組み合わせた提案もみられます。

 

選ぶ際に注意したいのは、開閉のスペース。たとえば、引き違いの窓は開閉時にスペースは生じませんが、開いて開けるタイプの窓は開閉スペースが必要になります。間取りプランを検討するのと同時に、設置する場所はどこか、主な目的は何かなど配慮して選ぶようにしたいものです。

 

また、外部からの見え方、 室内側からの見え方、両面から検討することを忘れずに。開閉方法の使い勝手や網戸の形状等についても事前に確認しておきたいポイントです。

このページの先頭へ